インタビュー

    
お客様のプロデューサーのような存在でありたい。
コメント

イメージ 「人は見た目が9割」といわれるように、髪型や服装などから受ける印象は思っている以上に大きなウェイトを占めていると思います。お客様には必ず「自分はこうでありたい、こうなりたい」という理想があるのですが、外見で表現できていないこともしばしば。そんなとき、私たちがお手伝いできるのがヘアスタイル。お客様の「なりたい自分像」をヘアスタイルで表現して差し上げることで、それを生かした服装のご提案などもできるので、スタイリストという仕事はサロンワークの場においてはプロデューサーのような存在だと思っています。
 
 
教育担当を通じて、後輩から教わる事も多い。
ヨコタコーポレーションに新卒で入社して7年、今は店長兼スタイリストとして仕事させてもらっていますが、他にも新人教育の担当者として後輩の皆さんの技術向上のお手伝いをさせていただいています。日々のサロンワークに加え、ヘアーショーなどのクリエイティブ活動、そして教育担当者として・・・毎日が目まぐるしく過ぎていき、これまで何度も挫折しそうになりましたが、そのたびに私を支えてくれたのは仲間の存在でした。特に私の原動力となっているのは後輩たち。今年の会社の創業祭で、後輩から「憧れの先輩」というタイトルでお手紙を読んでもらったのですが、これまでがむしゃらに突き進んできたので、人からどんな風に思われているかなんて考えることもありませんでした。それでも後輩たちにきちんと私を見てくれていて、こうして感謝の気持ちを伝えてくれる。教育担当者として頑張ってきて良かったと心から思いましたし、美容師という仕事は個人プレーじゃないということに気付きました。サロンワークや教育担当を通じて、多くのスタッフに出会えることをこれからも楽しみにしています。

ここまで
美容師免許を持っていたから新しいことにチャレンジできた。
コメント

アイデザイナーは、お客様のご要望に沿ったカールやボリュームが実現するように、デザイン性を踏まえ、地まつげに人工まつ毛を一本ずつ付けていくお仕事です。ネイリストとして働いていたこともありましたが、新しいことにチャレンジしてみようという気持ちになり、出会ったのがアイデザイナーという仕事、美容師免許を持っていたことも、自分の技術の幅を広げる大きな強みとなりました。静かな環境で黙々と施術するイメージもあるかもしれませんが、お客様の目元の悩みを軽減したり、生活状況を把握した上で本数やデザイン提案するなど、高いカウンセリング能力とコミニケーション能力が求められる仕事です。私はアイラッシュとネイルサロンが併設する店舗のオープンに関わらせてもらい、同じスタートをきった仲間とお店を創り上げる楽しさを経験しました。新店のオープンが盛んな会社には、自分もその分だけチャンスがまわってくる。ヨコタコーポレーションはその勢いがある会社です。

ここまで
マニュアルにないお客様一人ひとりとのコミュニケーションにやりがいを感じます。
コメント

レセプショニストは、受付・会計・電話対応と事務的な印象を持たれることが多いのですが、ご来店時のお出迎え、お見送り、カウンセリング等は実はどの工程をするにあたってもお客様と接することが第一前提です。お店の印象が決まる大切なポジションだということ、そして施術に入る前、スタイリストやアシスタントとの架け橋としてお客様にリラックスしていただき、ご要望を汲み取れるかということを常に意識し、日々業務に取り組んでおります。ただマニュアルを覚えてその通りに行動するのではなく、お客様の立場になって考え行動し、ご要望に臨機応変にお応えすることをこの仕事のやりがいだと感じています。ヨコタでは、レセプショニストを単なる「受付」としてではなく、「お店の顔」としてのポジションが確立されているため、自分の仕事に誇りを持つことができます。お店にはスタイリストやアシスタントの方がほとんどですが、互いに職種の垣根を超えた仲間意識があることもとても心強いです。

ここまで

会社案内動画はこちら